ひな人形

子どもの成長を祈って飾るひな人形や五月人形は、日本に昔から伝わる伝統行事ですね。

ところが大人になってもう飾らない、引越しなどで部屋が狭くなって飾れない、自分の子ども用もあるので、いくつもいらない……といった理由で不用になる場合があります。

ひな人形や五月人形はごみとして処分してもいいのでしょうか?魂が宿るらしいので供養した方がいいのかも?とお悩みの方に、ひな人形・五月人形の処理方法と全国の人形供養をしてくれるところをご紹介します。

ひな人形・五月人形の処分はどうすればいい?人形供養すべき?

ひな人形や五月人形は子どもの成長を祝うために飾ります。特に生まれた年に迎える3月3日や5月5日は「初節句」と言って、両親や赤ちゃんにとっての祖父母からひな人形や五月人形をお祝いに贈られることが多いようです。

しかし、子どものころは毎年飾っていた家庭でも、次第に飾らなくなるということがあります。

女性は結婚して嫁ぎ先にひな人形を持って行く場合がありますが、嫁ぎ先にもひな人形があるとか、女の子が生まれてまたお祝いにひな人形をもらるということになると、一家にひな人形が何セットもあるということになります。

そうなると保管場所や飾る場所に困りますね。
かと言って、ごみに出していいのかどうか?迷うところです。

さらに男性の場合は、結婚した後も五月人形を飾るということは少ないのではないでしょうか。

ひな人形や五月人形の処分の方法

五月人形

このようにひな人形や五月人形をどうにかしたいという場合の方法は4つあります。

  • 素材ごとに分別してごみとして処分する
  • リサイクルショップに出す
  • フリマサイトで売る
  • ほしい人に譲ってあげる

では、それぞれの方法について、詳しくご説明していきます。

ひな人形・五月人形をごみとして処分する

お祝いにいただいたひな人形や五月人形をごみとして処分するのは心苦しいという方がいると思いますが、そこは割り切ってごみに出す方法があります。

その場合は、自治体のごみ出しのルールに従ってくださいね。

人形本体には木、布、プラスチック、金属などさまざまなものが使われています。
そのため、自治体の家庭ごみ(燃えるごみ)としては出せない場合がほとんどです。

その場合は、大きさによって粗大ごみと不燃ごみ(燃えないごみ)に分けて出すという方法があります。

不燃ごみは自治会などで決められたごみ捨て場所に出します。粗大ごみの場合は、自治体の粗大ごみ回収センターなどに連絡して、処理券を購入して取りに来てもらいます。

粗大ごみの回収は家の前に出しておくことが条件になっていることが多いようです。
不燃ごみとして出す場合も、粗大ごみとして出す場合も、近所の人の目につくのが心配ですね。

「あそこのおうち、ひな人形捨てていたわよ」

なんて噂にならないとも限りません。

それも割り切って出せる人は、一番簡単な処理方法です。

ひな人形・五月人形をリサイクルショップに出す方法

リサイクルショップは売れるもの、つまり「ニーズがあるもの」ならお金で買い取ってくれます。

ひな人形や五月人形を買い取ってもらう場合は、きれいな状態であることが前提です。

人形の一部をねずみがかじっていたり、お飾りが欠けていたりしたら商品価値がないので買い取り価格はつきません。

またひな人形の5段飾りなどは人形の種類や小道具などがたくさんあります。それらがすべてきれいな状態で保存されていることが求められます。

さらにひな人形や五月人形は「お祝い」として贈ることが多いため、誰かのおさがりを好まないという人が多いようです。
リサイクルショップで売れるかどうかは店の人の判断になります。
リサイクルショップに持って行って、買い取り価格がつけばラッキーと考えておくといいでしょう。

フリマサイトで売る

メルカリやラクマなどのフリマアプリで売る方法やオークションサイトで売る方法があります。
ただし、古いものはなかなか買い手がつきませんし、傷や汚れがないことを証明する必要があります。

商品の状況を説明するためのコメントのやりとりがめんどう
値下げ交渉がめんどう
といった煩わしさもあります。

さらにフリマアプリでの販売は、送料無料の方が売れやすい傾向があります。
本など薄くて軽いものなら送料は安いですが、ひな人形のように大きなものは送料がかかります。
そうなると売れても利益が出ない……なんてことも起こり得ます。

あまりお得な方法ではないと言えますね。

ひな人形・五月人形をほしい人に譲ってあげる方法

知り合いなどを通じてほしいと思っている人に譲ってあげるという方法があります。
これはお互いに顔が見える相手なので、比較的抵抗がなく譲り渡しができるでしょう。

ただ、本当にほしいと思っているかどうかをよく確認する必要があります。
「声をかけてもらったから断りにくくて仕方なく引き取った」となると、相手に迷惑がかかります。
また、受け取る本人はほしいと思っていても、周囲が「ひな人形を人のおさがりをもらうなんて」と言われる可能性があります。

このようにひな人形・五月人形はなかなか扱いが難しいものだと言えます。

なお、最近は自治体やインターネットなどで「あげます・ください」というサイトが出来ていて、ほしい人と不用になった人がお互いに連絡を取り合って譲り合うシステムがあります。

捨てるのは抵抗があるという方は、一度こういったシステムを利用して呼びかけてみるといいでしょう。

ただ、こういったシステムでは、「どうしても必要だが購入するお金がない」「一時期しか使わない(ベビーベッドなど)が、その期間はどうしても必要」というものはニーズがありますが、ひな人形や五月人形に関してはどれだけニーズがあるか不明です。

もらった人がまた置き場所に困るという可能性もあります。
一度、投稿してみて様子を見るといいでしょう。

では、次に人形供養の方法について、説明していきます。

ひな人形・五月人形の処分方法 人形供養ができるところ

ひな人形

人形供養は神社や寺院などでおこなっています。
毎月供養をしているところと、年に1回だけというところがありますが、全国各地にあるので地域別にご紹介します。
(情報は2021年8月時点のものです。実際に供養を依頼される場合は、事前にご確認ください。)

北海道でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●西野神社(北海道札幌市) 毎年3月3日の後の最初の日曜日 (方法)当日持参または郵送 (供養料3000円~)

●旭川神社(北海道旭川市) 毎年3月3日に供養 (方法)2月24日~3月2日まで受付(この期間外は受け付けない)持ち込みのみ。郵送は不可。供養料 3000円~
旭川神社 人形供養祭

東北地方でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●赤石神社(岩手県)6月30日に人形納謝祭 詳細はお問い合わせください (019-672-2767)

●成田山仙台分院(宮城県仙台市) 3月3日に人形供養感謝祭 (供養は毎日行っています) (方法)持ち込みまたは郵送 (供養料 3000円~)
ガラスケースなどは外してください
成田山仙台分院 人形供養感謝祭

関東地方でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●明治神宮(東京都渋谷区) 人形の日(10月15日にもっとも近い日曜日) (当日 持ち込み 供養料 3000円~)
明治神宮 人形感謝祭

●慈恵院(東京都府中市) 毎月第3日曜日(月例人形法要) (方法)当日持参する 供養料 3000円~
慈恵院 人形供養

●横浜立江寺 (神奈川県横浜市) 年中受付(供養は2~3週間に1度) (方法)持参または郵送可能 供養料 ひな人形 親王セット 4000円~
横浜立江寺 人形供養

●本光寺(千葉県市川市) 4月第二日曜日 (受付は年中)(方法)持ち込み または郵送可能 供養料 ひな人形3万円~
本光寺 人形供養

中部地方でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●大須観音(愛知県名古屋市) 10月第1木曜日 (方法)当日 持ち込み
大須観音 人形供養

●千手院賢明寺(三重県津市) 2月3日・11月23日 (方法) 当日 持ち込み 供養料 5000円~
千手院賢明寺 人形供養祭 

●三仙寺(岐阜県土岐市) 年中受け付け (方法)郵送 供養料 3000円~
三仙寺 人形・ぬいぐるみ供養

関西地方でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●宝鏡寺 (京都府京都市) 人形供養祭(毎年10月) ・持参または郵送 供養料 3000円~
宝鏡寺 人形供養祭

●四天王寺 (大阪府大阪市) 人形供養祭(11月の第2土曜日) ・当日持参(郵送は不可) 供養料 3000円
四天王寺 人形供養

●涌泉寺(大阪府豊能郡) 1月8日・6月第2日曜日(年中受け付け) (方法)郵送可能 供養料 3000円~

中国地方でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●多聞院(広島県広島市) 10月20日 (方法) 当日持参または郵送(受付は10月1日~) 供養料 3000円~
多聞院 人形供養

●出雲厄除け大師 倉留寺(島根県出雲市) 年中受け付け (方法)持ち込みまたは郵送 供養料2000円~
出雲厄除け大師 倉留寺人形供養

四国地方でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●成願寺(愛媛県松山市) 6月10日 持参または郵送 供養料 3000円~

九州地方でひな人形・五月人形の人形供養をしてくれるところ

●和布刈神社(福岡県北九州市) 年中受け付け (方法)持参 郵送 供養料3000円~
和布刈神社 思物供養
こちらは人形だけでなく愛用品などの供養も受付けています。

人形供養をお願いする場合の注意点

人形供養をやっているのは、他にもたくさんあります。
お住まいの地域の近くでやっていないか、探してみるといいですよ。

また、供養なので無料ではありません。「供養料」や「お布施」「お心ざし」として3000円~かかります。
ひな人形の段飾りなどのように人形が何体もある場合の供養料は直接、それぞれの寺院や神社に問い合わせてください。

多くの寺院や神社では持ち込みの他に郵送(宅配)での送付も受け付けています。その場合は梱包をきちんとして、元払いで送付します。

なお、送るのは人形本体だけでガラスケースなどは自分で処分をします。
ひな人形・五月人形以外にも、日本人形やアンティーク人形、ぬいぐるみなどの供養もやってもらえます。

まとめ

ひな人形・五月人形は処分に困るものです。きちんと分別すればごみとして処分しても構いませんが、精神的に抵抗がある場合は、全国各地の寺院や神社で供養をしてくれます。

気持ちの整理もつくので、お願いされるといいでしょう。

おすすめの記事