岐阜県で人形供養ができるおすすめの場所はここ!

子どものお節句で飾ったひな人形や五月人形、おもちゃの人形やぬいぐるみなどは、子どもが大きくなると使わなくなってしまいます。

ゴミとして捨てるのはしのびないですよね。そんなときは神社や寺院で供養してもらいましょう。

このページでは岐阜県内で人形供養を行っているおすすめの場所をご紹介します。

関善光寺の人形供養

岐阜県関市にある関善光寺は、正式名称は「妙祐山宗休寺」と言う天台宗の寺院です。
武田信玄の家臣である広瀬利広が1745年に建立したのが始まりとされています。

受付

随時受け付けています。

〒501-3882 岐阜県関市西日吉町35
0575-22-2159
関善光寺 公式ホームページ

対象となる人形

供養の対象となるのは、次のものです。

  • ひな人形
  • 五月人形
  • ぬいぐるみ
  • 日本人形・フランス人形
  • など

人形供養の供養料

5,000円ですが、詳しいことはお問い合わせください。

関善光寺へのアクセス

関駅から徒歩3分
岐阜バスの場合は美濃関行きに乗り、関シティターミナルで下車 徒歩7分
車の場合は関インター、美濃インターから約10分

関善光寺の地図

岐阜県関市西日吉町35

瑞甲山 乙津寺の人形供養


瑞甲山(ずいこうざん) 乙津寺(おっしんじ)は岐阜県岐阜市鏡島にある臨済宗妙心寺派の寺院です。奈良時代に行基が草庵を建てたことが始まりとされています。

弘法大師との縁が深いことから「鏡島の弘法さん」と呼ばれて親しまれています。ふすま絵や天井画などが有名で、多くの参拝客が訪れています。

受付

随時受け付けています。
受け付け時間は9時から12時までです。

岐阜県岐阜市鏡島中2丁目8番1号
乙津寺 公式ホームページ

対象となる人形

対象となるのは、次のものです。

  • ひな人形
  • 五月人形
  • ぬいぐるみ
  • 日本人形・フランス人形
  • など

陶器やガラス、金属類などの持ち込みも可能ですが、別途費用が発生する場合があります。

人形供養の供養料

ぬいぐるみの場合、箱サイズ3辺合計100cm以下(A+B+C=100㎝以下)で5,000円が目安ですが、詳しいことはお問い合わせください。

ひな人形などは必ずお問い合わせください。

乙津寺へのアクセス

岐阜バス「鏡島弘法前」から徒歩5分
大型駐車場あり

乙津寺の地図

岐阜県岐阜市鏡島中2丁目8番1号

岐阜県多治見市の清昌寺の人形供養

雲山 清昌寺(せいしょうじ)は岐阜県多治見市にある臨済宗妙心寺派の寺院です。
1616年に創建された寺院で、土岐三十三所巡礼集のひとつとして参拝されています。

毎年4月3日(新暦)のひな祭り以降の日曜日に人形供養塚の前で読経し、お焚き上げをして供養しています。

受付

人形供養の当日に持参してください。
(人形供養の日程は毎年変わるので、必ず事前に問い合わせをすること!)
予約は不要ですが、受け付け時間が午後3時~午後4時までと短いです。
必ず時間厳守で持ち込んでください。

なお、事前の持ち込みや郵送は不可なのでご注意ください。
また、一緒に供養祭に参加するので、数珠を持参します。

〒507-0901
岐阜県多治見市笠原町3546
電話番号 0572-43-2479
清昌寺 公式ホームページ

対象となる人形

次のものが供養の対象です。

  • ひな人形
  • 五月人形
  • ぬいぐるみ
  • 日本人形・フランス人形
  • など

陶器やガラス、金属類などの不燃物は不可。

人形供養の供養料

お布施として志しをお包みしますが、目安は人形1体(1袋)1,000円~3,000円、段ボール1箱以上の場合や3,000円~1万円程度です。

なお、財布から直接現金を出すのではなく、事前にのし袋に「お布施」と「施主名」を書き、裏面に住所を記しておきましょう。

清昌寺へのアクセス

・JR中央線「多治見駅」からタクシーで約20分
・東濃鉄道バス 多治見駅から「モザイクタイルミュージアム」下車 徒歩9分
・東海環状自動車道 せと品野インターから約10分

清昌寺の地図

岐阜県多治見市笠原町3546

岐阜県の人形供養~まとめ

岐阜県で人形供養ができるおすすめの場所をご紹介しました。
どこもていねいに供養してくれるので、安心してお願いできます。

いつまでも家に置いておけなくなった人形やぬいぐるみなどは、ぜひ供養してあげましょう。

おすすめの記事