お風呂の洗面器や洗剤入れのぬめりを楽に取る方法

お風呂の洗面器や洗剤入れのぬめりを楽に取る方法

お風呂掃除は心がけていても、バスグッズは何もしない・・・という人が多いのではないでしょうか。

例えば洗面器やお風呂用のイス、シャンプー・リンスなどを入れておく容器などバスグッズまでは手がまわらないということがよくあります。

私自身もなかなかできなくて、気がつくと洗面器に黒ずみができていたり、シャンプーなどのボトル置き場がヌルヌルしていたり・・・。
そうなると触るのもイヤになってしまいますね。

そこで今回は手軽にできて、すっきりきれいになる方法をご紹介します。

バスグッズは浴槽に洗剤と一緒につけるだけ

洗面器や浴室のイス、シャンプーラック、浴槽のフタなどをひとつひとつ洗うのは大変です。

これらは週に1回、お風呂に入った後の浴槽に入れて、洗濯用の粉末漂白剤(酸素系など)と一緒に入れて、追い炊きをします。

酸素系漂白剤はぬるま湯で効果を発揮するので、一番最後に入る人が出てからバスグッズを放り込み、洗剤を入れて追い炊きをすればOKです。

そのまま1時間ほど放置して、後は荒い流します。

これを1週間に1度程度すると、ぬめりやカビがスッキリきれいになりますよ。

お風呂洗剤をスプレーして汚れ防止

バスグッズは油断するとすぐに水垢や汚れがたまっていきます。またカビも発生するので、普段からこまめに掃除したいものです。

そこで週に1回程度、お風呂掃除の際にお風呂用のスプレー洗剤をスプレーしておきます。

これで汚れをある程度防止することができます。

浴室の換気も重要

さらに毎日、浴室の窓を開けて換気をする習慣をつけるといいですね。

カビは湿気と高温、汚れ(石鹸かすや人間の皮脂、垢など)のエサがあると繁殖すると言われています。これらを断ち切ることでカビの発生を抑えることができます。

最初は面倒に思いますが、習慣にしてしまうとそれほど大変ではなくなるのでおすすめです。

ぜひやってみてくださいね。

浴室の換気扇は必ず回すこと

リフォーム会社の人に聞いたのですが、浴室の乾燥機はずっとつけていてもそれほど電気代はかからないそうです。
夜最後にお風呂に入った人が換気扇のスイッチを入れて、翌日の朝まで回していても電気代的には心配は不要ということなので、
わが家では毎日朝まで回しています。

そして、朝になってから窓を開けて風を通します。寒い時期もこれなら夜間に窓を開けて換気する必要がないのでおすすめです。

おすすめの記事